Skip to content(本文へジャンプ)

フットサルW杯。

2012年11月20日

 

サイベイトに2009年に新卒で入社した、4年目の渡辺です!

実は社員ブログ2回目の登場です。初めてのブログの内容は、、、恥ずかしくてもはや思い出せません。笑

 

さて、実は僕、大学に入ってからずっとハマっているスポーツがあるんです。

それは…フットサル!僕、小学校から大学までずっとサッカーやってたのですが、大学に入ってから知ったフットサルの魅力に虜になり、フットサルサークルを立ち上げたり、フットサル雑誌でバイトしてみたり、、、本当に好きになってしまいました。

今日はその紹介と、最近僕が強く刺激を受けたエピソードをお伝えしたいと思います。

 

そんなフットサルですが、実は最近、ワールドカップが開催されていました。

もちろん、日本代表も出場しましたよー。

サッカーのキングカズこと三浦和良がフットサル日本代表に選ばれ、色んなニュースに取り上げられたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

その日本代表には、実は僕の先輩がいます。

大学時代、同じサークルでプレーしていた先輩です。

先輩と言いながら、年齢は同じ。

先輩は現役で入学し、僕は1年浪人して入ったという違いだけです。

その先輩は、ここ最近日本代表にずっと入っていて、ずっとスタメンです。

もちろん、ワールドカップもスタメンで出場していました。

 

日本代表のワールドカップの結果は、というと、史上初の予選リーグ突破をし、ベスト16で大会を後にしました。

歴史に残る快挙を達成し、人並みな言い方ですが、大きな感動をもらいました。

なのですが、その先輩が、大会が終わった時にフェイスブックで残したコメント。

それが今でも頭から離れません。

一部を抜粋します。

 

「今回日本代表は新たな一歩を踏み出せました。

このグループで戦えた事本当に誇りに思います。もっともっと闘っていたかったです。

 

それが叶わなくて悔しい。

 

この感情大事にしたいと思います。

 

個人的には最終戦を含め大会を通してチームを上のレベルに押し上げれる選手でいれなかった。それが今の世界の中での自分の位置だということ。

 

ピッチに置いてきたでっかい忘れ物を拾いに。

そして1つでも上の世界をチームに見せれるよう日々精進していきます。」

 

同じ年の先輩。

けど、視座の高さは既に世界の中での自分、という見方をしています。

そして、日本代表という日本最高の選手を集めたチームの中でも、チームを上のレベルに押し上げることに視点を置いています。

 

自分の視座の低さ、浅さを痛感した文章でした。

 

サイベイトは、組織のありかたを世界に発信できるような、日本を代表する企業を目指しています。

ちょっとチープな言い方をしてしまえば、ビジネス界の日本代表です。

その中で、僕も先輩のようなことを思い、深く考え、実行できる人間でありたい、そうなければいけない、と気づかされました。

 

同じ日本代表として、今はまだぜんぜん追いつかないのですが、、、ゆくゆくは、同じ視座でものごとを語れるよう、今後頑張っていきたいです。

 

先輩、生意気言ってスミマセン!!!

ページの先頭に戻る

アーカイブ

  • チャレンジ25 未来が変わる。 日本が変える。 サイベイト株式会社はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。
  • Best Venture100 ベンチャー通信編集部オススメのベンチャー
  • 新経済連盟
  • 就活アワード
  • 2017年発表「働きがいのある会社」ランキング